リーグオブレジェンド

チャンピオン対策 ザイラ編(サポート視点)

2016/09/01

vsザイラ

私が愛してやまないサポートチャンピオンザイラ。耐久力はないものの、数々の魅力をもった彼女の対策、弱点を考察していきます。

スポンサーリンク

ザイラ対策について

どんなチャンピオンを選出すべきか?(レーニング編)

基本的に接近からオール・インできるチャンピオンが辛いです。

特にノーチラス。錨投げ(Q)が当たると死にます。という冗談は置いといて、錨投げ、オートアタックによるスネアと粉砕水(E)の多段ヒットによるダメージとスロウまで入ると瀕死、そこに相手ADCのオートアタック、スキルと放たれるともうダメですね。

タンク系サポートを相手する場合、タンク系サポートへのハラスを挟んで相手がオール・インを出来ない状況を狙っていくのですが、ノーチラスは大海の激憤(W)によりかなり分厚いシールドを張ることが出来るため、なかなかヘルスを削りにくいです。なおかつ、強引なハラスはザイラ側にとって命取りであるため、慎重な立ち回りを強要することが出来ます。

また、レオナもかなり辛いです。ですが、レオナ得意のレベル2先行からの仕掛けを安易に狙おうとすると、ザイラのオートアタック(射程575と長い)を大量に被弾することになるためその点は注意しましょう。

他に辛いチャンピオンはモルガナ。ザイラ側のハラスに合わせてダークバインド(Q)を狙うとザイラ側は動きにくくなります。

私見ですが、ザイラがいる場合のレーニングにおいてはADCをフォーカスするよりはザイラをフォーカスすることをオススメします。

ザイラはジャンルとしてはDPSメイジに位置すると思います。序盤においてはADCよりも遥かに火力が出る、また、ADCよりも脆く、逃げ性能が低いため、さっさとフォーカスし溶かしてしまうのが良いでしょう。

ただし、ザイラの狂い咲き(W)のスタック数には注意が必要です。ザイラのレーニングでの最大ダメージコンボはEWWQです。接近すると捕縛の根(E)が当たりやすくなるため、逆に溶かされてしまう可能性がある点については注意しておきましょう。

ザイラのウルト「茨のゆりかご」は広範囲ダメージ+ワンテンポ遅れてのノックアップです。茨のゆりかごそのもののダメージは大したことがないですが、範囲内の植物の攻撃力が大幅に増すため、前述のEWWQコンボに重ねて打たれると尋常じゃないダメージが発生します。ザイラレベル6以降の仕掛けは狂い咲きのスタック数、パッシブにより自動発生した種の数に最大限注意する必要があります。

さて、長々と特性について記述してきましたが、私が思うにザイラへの仕掛けはレベル2になった直後がオススメです。

ザイラの主なダメージ源は狂い咲き(W)、又は、パッシブの種+死華の棘(Q)or捕縛の根(E)です。死華の棘、捕縛の根の単発ダメージはかなり小さいですので、レベル1の間はザイラのオートアタックに注意しつつ、レベル2先行からのオール・イン狙いが最善だと思います。

ゲーム全体、特に集団戦での存在感で勝つためには

ザイラは正面きっての集団戦はかなり得意としています。集団戦前の小競り合いは植物による視界取り、また、小規模ながらダメージも取れますし、リーライクリスタルセプターを積んだ後は植物及び茨のゆりかごによる戦線の分断、スロウのばらまきとかなり厄介な役割を持ちます。

また、対ADC等、脆いチャンピオンに対してはレーニングでも用いたEWWQコンボにより瞬間的にヘルスを半分程度削る程度のバーストダメージを持ちますし、クールダウンの速さを活かした総合ダメージはラックス等のミッドメイジチャンピオンを凌駕することもしばしばです。

対策としては、やはりレーニング時と同じようにザイラへのフォーカスでしょう。アサシンタイプやファイタータイプであれば瞬間的に溶かせる程度の耐久力しかないため、早期に倒しきっておくのが良いと思います。

また、パッシブの関係上、戦線を広げられると自動発生の種を利用しにくくなるため総合ダメージが落ちます。そのため、デワード(ワードを破壊する行為)からのベイト狙い、ワードを置きに危険地帯へ近寄った瞬間を狙う等、大規模集団戦を避け、小規模戦を狙っていくのも有効な手段だと思います。

あとがき

自分から弱点を晒していくのか…。

現在のレベル(シルバー2、さっきシルバー1に戻ることが出来ました。)のレーン戦ではザイラで7~8割勝ち、そのうち半分弱は完封できます。やっぱり単純高火力というのは強いものです。

しかし、このランク帯ですらノーチラスは辛いです。地獄です。多分レオナと違ってある程度やりこんだプレイヤーしかノーチラスサポートを選択しないということもあるでしょうが、甘えたスキルショットを狩ってくるのでビビりながら行動しちゃいます。メイジ系サポートってアイテムの関係上ビビるとドンドン腐っちゃうんですよね。

レオナなんかはほら、6.13で勝率が異様に上がったチャンプで勝率が上がった関係上、レオナ初心者の方も結構いらっしゃいますから、甘えた飛び込みを狩るだけでレーン完封できることも多くあります。ワンランク上がったレオナ初級者あたりから辛いですね。

レーニングはただただ強いのですが、問題は集団戦。開戦前はザイラが好き勝手できますが、開戦後はスキルショットのタイミングが結構難しい。特に生命線となる捕縛の根と茨のゆりかごですね。捕縛の根を大事な時にしっかり当てるのが難しいんですよ…。ピール用スキルで使いやすいのがコレぐらいなので、捕縛の根を外すだけで味方ADCが死んじゃうなんてこともよくあります。いつもヒヤヒヤしながら撃ってます。そして結構外してます。(雑魚)

本文中には記載してませんが、ブリッツ相手はザイラ有利、スレッシュは五分かな?スレッシュはQよりもEが怖い印象です。ブリッツはザイラ相手にグラブを撃てる状況を作らせなければOKかなという感じ。当たれば勿論負けです。

意外と辛いのがナミ。スタンを食らうと相当辛いですし、回復持ち。しかも回復と一緒にダメージまで与えてくると隙がないです。(でも私が使うと隙まみれです。世の中おかしい。)スロウとダメージのバフスキルも厄介ですね。

ザイラは現在59試合で使用し、28勝31敗、最近は随分手に馴染んできたのでスコアも安定してきましたが、前半の負け越しが響いてますね。100試合前には5割以上にしたいです。します。(笑)

ブログランキング

BlogRanking参加してます!
投票してくれると私が小躍りして喜びます。是非。

League of Legends ブログランキングへ

ツイッターフォローボタン

更新情報はツイッターでもお届けしています。
Twitterご利用の方は是非フォローお願いします!