リーグオブレジェンド

チャンピオン対策 モルガナ(サポート視点)

2016/09/01

vsモルガナ

最長3秒の強力なスネア、条件付きではあるものの広範囲へ効果のあるスタン、そして状態異常を防げるスペルシールド。明確なカウンターチャンピオンがなく先出ししやすいサポート、モルガナの対策を考察していきます。

スポンサーリンク

モルガナ対策について

どんなチャンピオンを選出すべきか?

冒頭分にも記載しましたが、明確なアンチチャンピオンがいません。どんなサポートが来ようとそれなりに戦えるのがモルガナの特徴です。

逆に、モルガナを明確なアンチとするサポートチャンピオンは多数存在します。わかりやすい例ですと、ブリッツ。ロケットグラブ(Q)をわかりやすいタイミングで放つとブラックシールド(E)でブロックされます。

また、他にはレオナ。ゼニスブレード(E)はロケットグラブよりも発生、着弾までが遅いため容易にブロックすることが可能。スネアの効果が発生することがなく、その後のシールドオブデイブレイク(Q)によるスタンも一緒に回避されるため、対象へ小さなダメージを与えただけでその場に取り残されることになり非情に厳しいです。

ならば単純にダメージを出しやすいメイジ系サポートの選出が好ましいかと言われるとそうでもなく、メイジ系サポートは基本的に脆いため、モルガナのダークバインド(Q)が高ダメージ、長時間スネアを持つので被弾が許されません。

一応、ジャナが五分~やや有利に立ち回れると思うのですが、私があまりジャナを使わないので立ち回り等について記述出来ません…。

基本的に選出はオール・インタンク系のサポートを避け、メイジ系サポートでダークバインドに気をつけつつ戦うというのがベターではないでしょうか。隙をつける自信があるならば、ブリッツやスレッシュの選出は不可能ではないです、が、基本は不利であることを忘れずに。

ボットレーン レーニングの立ち回りについて

モルガナのレーニングの最大のダメージ源はダークバインド(Q)です。当たると2~3秒のスネアと高いダメージを受けてしまうため、ブリッツのロケットグラブ(Q)、スレッシュの死の宣告(Q)並に気をつけましょう。脆いチャンプであれば、当たると相手ADCが合わせられる距離ならそのまま死ぬこともあります。

ダークバインドのクールダウンはレベルアップで変わらず11秒であること、また、レベル6未満であれば他に大きなダメージスキルを持たないため、ダークバインドを躱したら10秒程度有利になるのでしっかりダメージを狙っていきましょう。

苦悶の沼(W)は高頻度で使ってくるとは思いますが、スペルシーフエッジ系アイテムの資金稼ぎと雷帝の号令による追加ダメージ狙いです。ヒット判定は0.5秒毎なので、単体で打ってきた場合には1.5秒以内に沼から抜け出しましょう。ダークバインド(Q)のヒット後に重ねられるとアイテム効果、雷帝の号令による追加ダメージもあいまってかなり大きなダメージを受けることになります。

状態異常を回避できるブラックシールドは非常に強力なスキルではありますが、物理ダメージをともなう状態異常スキルには滅法強いが物理ダメージは通常通り通るということ、クールダウンはレベル1で23秒であるということ、魔法ダメージシールドが70(+AP*0.75)なので100ダメージ程度もあれば壊れるということを知っておきましょう。現在主流のスキルビルドではダークバインド(Q)優先なので、レベル8未満までは魔法ダメージを100程度与えれば壊れるということを知っておけば問題ないでしょう。

モルガナのイニシエイトで有名なフラッシュからの魂の足枷(ウルト)ですが、スタンが発生するまでに3秒間あります。基本的にサポートモルガナは比較的脆いので、3秒以内に溶かせるかどうかの判断をしてから逃げるようにしましょう。安直に逃げる選択肢を取ると、逃げるところにダークバインドを合わされてフラッシュだけ落として死ぬなんてこともありますので、注意しましょう。(安直な逃げは対応しやすいです。)

集団戦について

これまたモルガナというチャンピオンは優れていまして、大規模、小規模、イニシエイトにピールまで出来るユーティリティサポートでありまして、これだけ対策しておけばモルガナは沈黙しますなんて事項がないんです。

ただし、サポートモルガナは資金の都合上ゾーニャの砂時計の購入がやや遅れるため、ミッドモルガナと比べると強烈なイニシエイトは出来ません。強引に飛び込んできて魂の足枷を放ってきた場合は瞬間的に倒してしまうのが有力です。というよりも、サポートモルガナ側としては相手がモルガナのウルトに対して日和ってくれるのが一番好都合です。絶好のタイミングで飛び込まれては仕方がありませんが、日和に期待した強引な仕掛けにはしっかりpingを打って瞬間的に溶かしてしまいましょう。

あとがき

最近はソナなどの超強力なサポートの影に隠れがちですが、やはり強力なチャンピオンだと思います。

ただし、レーニングで回転の早いハラス用のスキルがないため、ダークバインドの精度次第というのが難しいところです。そういう点ではブリッツのロケットグラブようにダークバインドがあることを盾にして立ち回らないといけない難しいチャンピオンです。

魂の足枷はクールダウンが比較的短いので小規模集団戦のイニシエイトに最適、むしろ小規模でこそ光ります。相手が2人程度なら3秒でモルガナを溶かすことはかなり難しいですからね。5人相手に開幕で打つのはただの自殺行為であることがほとんどです。やめましょう。(耐久ビルドにして自分にスキルを打たせるというつもりなら有りかも。AP積みでやるのは即時ダメージで相手が倒せないなら自殺行為。)

ブログランキング

BlogRanking参加してます!
投票してくれると私が小躍りして喜びます。是非。

League of Legends ブログランキングへ

ツイッターフォローボタン

更新情報はツイッターでもお届けしています。
Twitterご利用の方は是非フォローお願いします!