LoL パッチノート

【パッチノート6.24】ミッド、トップチャンピオン編

12-07-01

12/7にパッチ6.24が適用されました。

今回も盛り沢山の変更なので、種類ごとに分割してまとめて見ようと思います。

 

※引用部は全てリーグオブレジェンド日本サーバー公式 パッチノート6.24より引用

スポンサーリンク

トップレーナー編

アカリ

双の行(パッシブ)

ニンジャ・プッシュ建造物に対しても有効になりました

サイフォンストライクの貯まったナサス並、とは流石にいかないでしょうが、タワーに対する攻撃力が上がっています。

スキル全体的なポテンシャルは高いように思いますが、勝率及びピック率は伸び悩んでいるようです。

よりピックされるようになるのはプロや有名プレイヤーが新ビルドや立ち回りを考案してから、ということになりそうですね。

 

ガレン

ジャッジメント(E)

NEW 物理防御低下このスキルが4回命中した敵チャンピオンは物理防御が6秒間、25%低下する(4回目以降は命中するごとに効果時間が更新される)

ガレンプレイヤー待望のアップデートではないでしょうか。ジャッジメントを4回以上命中させると、相手の物理防御を25%もカットできるようになりました。

このスキルそのもののダメージがかなり大きいため、武器を積んだ場合は更にダメージが出るようになるほか、武器を以前ほど積まなくてもそれなりにダメージが出るようになるのではないでしょうか。

ビルド考案はPBEアップデート時に少し行っていますので、そちらをご覧ください。

【PBE情報】ガレンが回ると相手の鎧が吹き飛ぶ!?
最近あまり見なくなったガレン。そんな彼にPBEサーバーで素敵(?)なアップデートがあったようです。※PBEサーバーでの変更です。このままライブサーバーにアップデートさ...

 

 

ミッドレーナー編

アジール

シュリーマの遺産(パッシブ)

攻撃力上昇量1分ごとに3 1分ごとに4

破壊した敵が獲得するゴールド100ゴールド 50ゴールド

タワーの残骸を復活させるパッシブが強化されています。

戦局をこのスキル1つで変えてしまうとは思いませんが、攻撃力上昇量3から4への変更は大きそうですね。

目覚めよ!(W)

チャージのクールダウン12/11/10/9/8秒 10/9/8/7/6秒

目覚めよ!のクールダウンが全レベルにおいて2秒短縮されています。

ナッシャー・トゥースを始めたとしたクールダウン短縮を積んでいくビルドの場合、クールダウン40%短縮、スキルレベル5で10.8秒で0スタックから3スタックまで溜まりますね。

長らく冬の時代を過ごしてきたアジールですが、この変更によって冬眠から覚めることはできるでしょうか。

 

フィズ

フィッシング(ウルト)

立ち入り禁止テープ狙いを外して落ちた魚の貼り付き範囲が敵に表示されるようになりました

活きのいい魚狙いを外して落ちた魚が敵に貼り付く際に、一瞬でテレポートするのではなく、跳びはねて貼り付くようになりました

活きの悪い魚敵ユニットに貼り付けない魚(スペルシールドに当たって落ちたまたは元の対象が倒されたもの)は貼り付き範囲を示すリングを表示せずに、そのまま地面に横たわります

数値の変更は一切ないものの、アサシンアップデート以後のフィズのウルトの強さの一つ、「当たり判定がデカすぎる上にどこで当たるかわからない」部分が修正されました。

フィズ相当強いと思うんですが、ゲームでの登場率はまだまだ低いようですね。

 

カタリナ

貪欲なる暗殺者(パッシブ)

どんだけな数値短剣を拾った際に与えるダメージがすべてのレベルにおいて少し増加します。レベルアップにともなうダメージの増加は、序盤では以前よりも大きく、終盤では以前よりも小さくなります(レベル1とレベル18でのダメージは、以前とほぼ変わりません)。ダメージの差が最も大きくなるのはレベル10です(+10ダメージ)

短剣のダメージ(レベル1~6)75/78/83/88/95/103 75/80/87/94/102/111

短剣のダメージ(レベル7~12)112/122/133/145/159/173 120/131/143/155/168/183

短剣のダメージ(レベル13~18)189/206/224/243/264/285 198/214/231/248/267/287

中盤の装備が揃いきる前のダメージを支える調整です。レベル10~12のダメージの伸び幅が特に大きくなっていますね。

バグ修正

  • 死亡したカタリナの死体に敵が近づいた際にR - デスロータスのアイコンが点灯することはなくなりました
  • カタリナがE - 瞬歩の詠唱時間の最後にW - プリぺレーションの短剣をキャッチした場合、「プリぺレーション」のダガーのダメージが「瞬歩」でワープした先について行くことはなくなりました
  • カタリナがE - 瞬歩で味方または短剣のそばにワープしたが、「瞬歩」の効果範囲内に敵チャンピオンがいなかった場合、一番近いミニオンまたは中立モンスターが代わりにダメージを受けるようになりました

特殊な挙動をするチャンピオンだけあって、バグ修正多め。

新しいカタリナをまだ使っていないため、どう変わるのかわかりません…。申し訳ない。

 

ルブラン

基礎ステータス

体力自動回復量8.5 7.4

体力自動回復増加量0.8 0.55

体力自動回復量の低下はどれぐらい変わるのかを表現しにくいのですが、5秒ごとに1、1分ごとに12と考えると10分でポーション1本分ぐらい変わりそうです。レベルごとの減少値もかなり大きいので実際は1本分では効かないでしょう。

こうみると結構馬鹿にならない修正ですね。

シャターオーブ(Q)

ダメージ55/80/105/130/155 55/90/125/160/195

ミニオンに対する跳弾ダメージ120% 80%

ツールチップ修正「シャターオーブ」のツールチップが、ミニオンに対する正しい跳弾ダメージを反映するようにしました

バグ修正「シャターオーブ」の跳ね返りが、スペルヴァンプを適用するにあたり、単体対象スキルとは見なされなくなりました

これ、よく考えてみると相当すごい変更ですよね…。シャターオーブのウェーブクリア力を下げる変わりにダメージを最大40上げるという変更。

一応エーテルチェイン(E)にも調整が入っているのでレベル18時のダメージ総量は変わりませんが、W>Q>Eのスキルビルドを選択した場合にゲーム中盤の対チャンピオンダメージ力が上がるということになります。Q>W>Eのビルドだと更に早い時間からのダメージ増強になりますね。

エーテルチェイン(E)

ダメージ40/65/90/115/140 40/60/80/100/120

先程も触れましたが、ダメージの一部がシャターオーブに移っています。

このスキルはダメージ判定が2回あるため、最大レベル時の減少ダメージは40ということになりますね。

 

あとがき

アジール復権なるか!?相手しているとものすごい遠い位置から兵士でチクチクしてきて痛いんですよね…。難易度が高そうなので自分で使うのは躊躇われるところ。(ウルト空打ちしそう)

コグ=マウやヴァルスはミッドレーナー枠だとは思いましたが、一応ADCの変更を取り扱うときにまとめようと思います。

 

ブログランキング

BlogRanking参加してます!
投票してくれると私が小躍りして喜びます。是非。

League of Legends ブログランキングへ

ツイッターフォローボタン

更新情報はツイッターでもお届けしています。
Twitterご利用の方は是非フォローお願いします!