LoL パッチノート

【パッチ6.22】アサシンアップデート タロン編

1110-2

6.22アサシンアップデート、今回はタロンの変更点についてです。

各チャンピオン毎に変更が極めて多いため、1記事につき1~2チャンピオンを紹介していくことになると思います。

前回記事はこちら。

【パッチ6.22】アサシンアップデート~サポートアイテム編~
11月9日にプレシーズンの開始となるパッチ6.22がやってきました。あまりにも更新の量が膨大であるため、まずはサポートアイテムから確認していきましょう。※アサシン用...

 

スポンサーリンク

タロン(Talon)

全般的な変更

基本移動速度350 335

レベルアップごとの体力増加量85 90

基本攻撃力55 60

基本攻撃速度0.668 0.625

レベルアップごとの攻撃速度増加量2.7 2.9

鋭い一撃攻撃フレームを改善

移動速度は暗殺者の跳躍(E)の変更にともない低下、他のステータスは低レベル時の攻撃速度以外は軒並み上昇しています。

 

固有スキル - 血塗られし慈悲 (NEW)

タロンのスキルは敵チャンピオンとエピックモンスターを短時間負傷させる。これは3回までスタックする。負傷スタックが最大になった対象に通常攻撃を行うと、対象を流血させ、大きな継続物理ダメージを与える。

基本ダメージ2秒間かけて60~160(+2.0増加攻撃力)(レベル1~11)

パッシブスキルが同一対象へ3回スキルを当てると大きな追加ダメージを与えるものになりました。

複数回ヒットするスキルは飛燕手裏剣(W)の2回とシャドウアサルト(R)

シャドウアサルトは刃が沢山出現するので何度当たるかは不明ですが、基礎ダメージを見る限りでは2~4回といったところでしょうか。

増加攻撃力によるダメージの伸びもかなり大きいので、今回変更があったドラクサーダスクブレードと壁越えスキルの暗殺者の跳躍(E)と合わせて「即キル即離脱」がはかどりそうです。

 

Q - ノクサスの刃

対象に飛びついて物理ダメージを与える。近接攻撃の範囲内で使用した場合は、飛びつかない代わりに攻撃がクリティカルになり、150%のダメージを与える。このスキルで敵ユニットを倒すと体力が回復し、このスキルのクールダウンが50%解消される。

クールダウン8/7/6/5/4秒 8/7.5/7/6.5/5秒

コスト40/45/50/55/60マナ ランクにかかわらず30マナ

射程550(近接攻撃範囲内なら170)

ダメージ80/100/120/140/160 + 1.0増加攻撃力(近接攻撃範囲内なら120/150/180/210/240 + 1.5増加攻撃力)

キルによる回復17~51(レベル1~18)

パッチ6.21以前のEとQをあわせたような性能。

射程550とやや短めながら相手に飛び込めたり、ユニットキルによって回復したりと盛りだくさんですね。

ドランズブレードを持ってミッド運用や壁越えによる強烈なガンクを視野にいれたジャングル運用も強力にみえます。

 

W - 飛燕手裏剣

クールダウンランクにかかわらず10秒 ランクにかかわらず9秒

コスト60/65/70/75/80マナ 55/60/65/70/75マナ

スロウ効果:20/25/30/35/40% 40/45/50/55/60%

スロウ効果時間2秒 1秒

NEWまだだ……飛燕手裏剣のスロウ効果は手裏剣が戻ってくる際に付与されるようになりました

NEWまだ待つんだ……タロンのところに戻り始めるまでに0.7秒のディレイが発生するようになりました

射程750 900

攻撃範囲40度 22度

往路ダメージ30/60/90/120/150(+ 0.3増加攻撃力) 50/60/70/80/90(+ 0.4増加攻撃力)

復路ダメージ30/60/90/120/150(+ 0.3増加攻撃力) 60/90/120/150/180(+ 0.7増加攻撃力)

合計ダメージ60/120/180/240/300(+ 0.6増加攻撃力) 110/150/190/230/270(+ 1.1増加攻撃力)

スキルの幅が狭くなり刃が返ってくるのが遅くなりましたが、射程が伸びて低レベル時のダメージが大幅増強されています。

往路ダメージは小さく、スロウも乗らないので単純なハラスのために使うスキルとしては価値が下がっていますが、往復両方で当てた場合のリターンはかなり大きくなっています。

復路の刃を当てるためには最大射程から打つのではなく、以前の射程(750)ぐらいの距離から打つと刃の止まっている間に射程の外に逃げられることがないでしょう。

 

E - 暗殺者の跳躍 (NEW)

もっとも近くにある地形または構造物を指定した方向に飛び越える。飛び越える速度はタロンの移動速度の影響を受ける。同一の地形や構造物は再び飛び越えられるようになるまで一定時間待つ必要がある。

クールダウンランクにかかわらず2秒

地形のクールダウン160/135/110/85/60秒

クールダウン中の地形クールダウン中の地形はタロンの画面では赤色の輪郭で示されます

越えられない壁などないタロンはプレイヤーによって作られた地形も飛び越えられます

一番の変更はここでしょう

地形にクールダウンこそ設定されていますが、通常絶対とれないようなルートからのガンクが可能になります。タロンがいる試合では壁付近は危険地帯ですね。

また、アニビアのアイスウォールやトランドルの氷冷の柱等、プレイヤーによって生成された地形をも飛び越えることが可能です。ジャーヴァン涙目

 

R - シャドウアサルト

一撃ごとのダメージ120/170/220(+ 0.75増加攻撃力) 80/120/160(+ 0.8増加攻撃力)

最少時間刃が戻って来るまでに0.8秒の最少持続時間が設定されました

ホーミングブレード最初に通常攻撃を行った対象に、刃を誘導できるようになりました

刃物コレクター刃の数がさらに増加しました

数字だけみると弱くなってるようにも見えますが、刃が増えているようなので増加攻撃力が上がってる分強化でしょうか。

即座に刃を回収できないので以前のようにR2度押しで即ダメージを与えるのは難しくなりましたが、オートアタックにより刃の回収点を変えられるようになった分、当てるのはカンタンになりそうです。

 

まとめ

アサシンアップデートで一番性能が変わったのがタロンじゃないでしょうか。

全体的に増加攻撃力による係数が高く設定されているため、キーストーンはリニューアルされた戦いの律動、若しくは雷帝の号令ということになると思います。アサシンということを考慮すると瞬間的なダメージを叩き出せる雷帝の号令のほうが使い勝手は良さそうですね。

以前は劣化ゼドとか言われてるのを聞いたことがありますが他のチャンピオンの移動スキルとは違った壁越えができるようになったので、来週、再来週あたりにはこの仕様に慣れたプレイヤーが猛威を振るうことになるのでは。脆いチャンピオン使いには受難のプレシーズンになりそうです。

追記 11/10 18:57

ミッド最強プレイヤーとも名高いFaker氏の動画がありました。なんだこの動き…。

 

【パッチ6.22】アサシンアップデート~サポートアイテム編~
11月9日にプレシーズンの開始となるパッチ6.22がやってきました。あまりにも更新の量が膨大であるため、まずはサポートアイテムから確認していきましょう。※アサシン用...

 

プレシーズンマスタリーアップデートとボットレーンのメタ予測
シーズン7への移行にあたり、マスタリーの変更が公式で発表されました。情報を読み解いてプレシーズンのメタをボットレーン視点から考察してみようと思います。(※ティア...

 

ブログランキング

BlogRanking参加してます!
投票してくれると私が小躍りして喜びます。是非。

League of Legends ブログランキングへ

ツイッターフォローボタン

更新情報はツイッターでもお届けしています。
Twitterご利用の方は是非フォローお願いします!