LoL コラム

やはりサポートのみにタンクを任せるのは間違っている。

2016/09/01

818sup

某ラノベのタイトルをもじってみた。

「sup tank plz」魔法の言葉ですよね。でも、たいていの場合サポートのタンクはあんまり硬くないんですよね。

タンクがサポートのみの場合のゲームの立ち回り、展開について考察してみます。

スポンサーリンク

タンク系サポートは貧乏…。

メイジ系サポートはスペルシーフエッジ系列がかなり優秀なので意外とお金を持ってたりするんですが、タンク系サポートはレーンをぶっ壊すほど勝ってなければ資金的にかなり辛いです。

誰よりもビジョンワードを買うことになりますし、ミニオンを倒さないので装備が揃うのが遅く、また、デュオレーン、かつ、ワーディングのために結構な頻度でレーンを離れるため他のプレイヤーより相対的にレベルが低いです。

アリスターやレオナ、ノーチラス等はスキルで一時的に硬くなれますが、所詮は一時的なもの。メインタンクとしての運用は厳しいです。

 

ピックはどうする?

これが結構困った問題で、「sup tank plz」というような発言をするようなプレイヤーはサポートがタンクしないと拗ねますし、構成上の問題をだいたいサポートのせいにします。めんどくさい目に会いたくない場合は(この時点でだいぶ面倒くさいですけど)サポートメインでやりたい方は少しは触れるタンクサポートを1キャラぐらいは作っておく必要があるでしょう。あくまで自己防衛のためです。

当然無視して自分の使いたいチャンピオンをピックしても構いませんし、負けたとしても意図的なフィードやトロールをしないかぎりは全てあなたの責任ではないのですが、大抵非難の対象になることになります。

 

要求されることが多くなりがち

タンク系サポートというのは強力なCCを持つことが多いですよね。

その強力なCCによってイニシエイトを期待されることが多いです。が、「sup tank plz」と発言するようなプレイヤーはADCを守りません。つまり、サポートがADCに寄ってくるチャンピオンを排除することになります。

つまり、サポートがイニシエイトをしつつ、相手の攻撃をひきつけ、更にADCを守る必要があります。

文字だけでも仕事量がおおいですね…。

 

結局どうすればいいの?

はっきり言います。「意地でもボットレーン戦で完勝する」しかないです。五分とか、やや勝ち程度ではまだまだ甘いです。味方がキャリーするのを待ってたら負けます。

早い時間のレーン戦であればサポートが十分タンクの機能を果たしますし、イニシエイトしながらADCを守ることもいくらか出来ます。早期決着を徹底的に狙いましょう。

私の経験上、パッチ6.15で追加されたタワーのファーストブラッドの追加ゴールドは非常に大きく、人数が多くタワーを破壊しやすいボットレーンでタワーファーストブラッドを獲得できると高確率でゲームに勝利できています。

また、タンク系サポートはミッド、トップレーンへのロームが非常に強いのでその点もポイントですね。

決してダラダラと総員戦を待たないようにしましょう。構成不利なので総員戦はよっぽど運がよくなければ負けます。ジャングル内でのキャッチ狙いはアリですが、先に捕まえて味方の寄りを期待するのはご法度です。キャッチ狙いする前に味方のプレイ傾向を見極めておいたほうが無難です。

あとがき

サムネイルの出来だけ満足しています!(記事は…?)

タンク系サポート強要に辟易気味なサポート専のたわごとです。「よし!今日はザイラの気分だな!」とウキウキでソロキュー入れると出鼻をくじかれます。気分は煮込み雑炊が来月からと分かった井○頭五郎です。(?)

ソロキューで大事な考え方は味方に過度の期待をしないことですね。「これぐらいならやってくれるだろう。」という思考は大抵裏切られます。あなたの思う最低限が最高ラインぐらいの気持ちでやりましょう。

結局「ランクで勝ちたきゃレーンぶっ壊せ!」ということに変わりがないのでやることは変わらなかったりしますね。

目指せ20分GG!

【パッチ6.15】外側タワーの仕様変更 ボットレーンへの影響は?
パッチ6.15で外側タワーに変更、タワーのファーストブラッドが追加されました。ボットレーンプレイヤーにどのような影響があるか考察していこうと思います。変更点外側...

 

「とりあえず5対5の総力戦は危険」 人数差を作れ!
レーニングフェーズ終了後、必要に応じてグループすることが重要なのは当然なのですが、とりあえずミッドレーンに集まって総力戦をしようとしていませんか?1章.総力戦...

 

ブログランキング

BlogRanking参加してます!
投票してくれると私が小躍りして喜びます。是非。

League of Legends ブログランキングへ

ツイッターフォローボタン

更新情報はツイッターでもお届けしています。
Twitterご利用の方は是非フォローお願いします!