LoL コラム LoL 紹介記事

LOLを配信できるサイトを比較してみた【Twitch/ニコ生/他】

12-27-03

「配信をしたいけどTwitchとかニコ生とか色々あって困る」という方へ。

よく使われているサイト、そしてあまり使われていないけど便利なサイトを紹介してみようと思います。

スポンサーリンク

Twitch

https://www.twitch.tv/

配信遅延:10秒程度?

ビットレート:制限無し

配信に必要なお金:特に無し

現在恐らくリーグオブレジェンド配信で一番有名なサイト。公式放送もここで見れる。

一応ビットレート(画質を決める数値)に制限はないようだが、あまり高くすると通信環境によっては見れない視聴者が出てくる。ごく一般的には1000kbps程度であればあまり通信環境が良くない人でも見れるので、こだわりがなければこのくらいで。

ある程度視聴者が付くようになり、Twitchパートナーになることが出来れば話は別。こうなると視聴者側で画質が設定できるようになるため、その後は好きなようにビットレート設定が可能である。

欠点らしい欠点はTwitchサーバーが遠いせいか遅延が10秒程度ある点か。そのうち日本にサーバーが出来るなんて噂を聞いたり聞かなかったりする。(つまり不明)

コメント読み上げはIRCというチャットソフトを通じて棒読みちゃんに読ませることが出来るので、ディスプレイ1つで配信していてもコメントに対応出来る。

マネタイズとしては視聴者のチャンネル登録(サブスクライブ)やドネート(募金)がある。世の中にはこれ一本で生計を立てるプレイヤーがいるそうだが、日本にはチップ文化がないため海外ほどドネートが飛び交うことは少なそうである。どのみち相当な視聴者がついてからの話。

 

ニコ生

http://live.nicovideo.jp/

配信遅延:ほぼ無し

ビットレート:384kbps (2016年11月より新機能で1Mbpsが可能に?)

配信に必要なお金:毎月540円(ニコニコプレミアム登録)

国内運営最大手はここか。ビットレートの制限がかなり低く設定されているせいか、やや時代に取り残されている感がある。リーグオブレジェンドは1試合30分を超えることも多々あるため、枠の取り直しという観点からもあまり向いてはいない。

最大の利点は遅延の少なさか。コメントがほぼ即時反映されるため、リアルタイムにコミュニケーションが取れるのは良い。

プレミアムアカウントには何かと広告チケットが配布されるため、自演広告で視聴者の初動を稼ぐことも可能ではある。ある程度人気が出たら視聴者からも広告してもらえるかも?

なお、ニコ生には特に標準でマネタイズの機能はついていない模様。録画しておいて動画として投稿すればクリエイター奨励プログラムを利用して金銭を得ることは出来る。ただよっぽど人気がある配信者以外は何かしら動画として面白くする編集が必要だろう。

広告チケットの額により延長枠(放送枠を30分延長)出来たりするらしいが、今時の配信サイトで枠があるのはニコ生かツイキャスぐらいである。

コメント読み上げはコメントビューアーと棒読みちゃんの連携が必要。

 

CaveTube

https://www.cavelis.net/

配信遅延:ほぼ無し

ビットレート:2500kbps程度が上限。

配信に必要なお金:特に無し

サイトとしての知名度は低めだが、ビットレートもほぼ十分、遅延ほぼ無し、コメント読み上げ設定も簡単ととても便利なサイト。

私はリーグオブレジェンドの配信はほぼしていないが、Age of Empiresの配信をするときにこのサイトを使うことが多い。

唯一の欠点としてはやはり知名度か。大量の視聴者を獲得するのには向いていない。

「リーグオブレジェンドストリーマーとして上り詰めるぞ!」という意気込みならばTwitchのほうがいいだろう。

身内配信程度でそこまで視聴者を獲得するつもりがないならここでいいと思う。

 

OpenRec

https://www.openrec.tv/

配信遅延:10~25秒

ビットレート:制限無し(遅延を減らすなら1000kbps程度まで)

配信に必要なお金:特に無し

DetonatioN GamingUnsold Stuff Gamingの選手が配信しているサイト。

創始からさほど経っていないためか情報が少ない。調べた限りだと配信をするためには申請が必要で、実績などを調べて可否を決められるようだ。

パッと見た感じはプロゲーマー等、もともと実績のあるプレイヤーが契約して配信する感じかな、と思った。一般プレイヤーには敷居が高そう。(誤用)

 

Youtube Live

https://www.youtube.com/live?gl=JP&hl=ja

配信遅延:10~15秒

ビットレート:制限無し

配信に必要なお金:特に無し

動画投稿サイト最大手といえばYoutubeだが、実はライブ配信も行える。

遅延があるのは一旦送られた動画をエンコードしているかららしい。代わりに、Twitchではパートナーにならないと出来なかった画質の変更は最初から行えるようになっている。

そして、設定していれば放送の録画をそのままYoutubeに動画としてアップロードすることが可能。これはTwitchでも可能なようだが、動画サイトとしての母体の大きさが違う。また、サイト上で簡単な動画編集(カット等)も可能である。操作性は非常に悪いが…。

マネタイズとしてはやはり動画としての再生によるものが大きい。自分の経験から言うと1再生0.08円~0.1円ぐらいか。沢山視聴されると割合がよくなるとかならないとか。そこまでは経験がないので知らない。

遅延が大きく、コメント読み上げをパパっと出来ないのでリーグオブレジェンドの配信サイトとして使うにはまだまだ不便な点も多いが、そこはグーグルである。そのうち色々と改善されるだろう。(?)

 

まとめ

当面はTwitch一強といったところか。視聴者の規模、コメント読み上げ、マネタイズという観点全てで優れている。後は遅延さえ減れば…!

身内配信ならCaveTubeが設定が簡単、遅延ほぼ無しと優れているのでオススメ。

Youtube Liveはそのまま動画化できるのが便利だが、まだまだ配信サイトとしての地位は確立していないため、よほど大物Youtuber(?)でもない限りはリアルタイム視聴者の獲得は難しいかもしれない。

ニコ生は遅延小で日本人視聴者も多いが、枠の問題、画質の問題と色々とネックになる部分が多いのが気になるところ。

OpenRecは未知数だが…。一般プレイヤーが配信するにはあまり縁がないかもしれない。

 

あとがき

配信もブログもそうですが、基本的には定期的に、そして頻繁に配信しないと視聴者がついてこない点には注意。あとよほどプレイが上手くないかぎりはトークスキルも問われてきます。

喋りに関しては毎日意識してやっていればそれなりに口が回るようになるので、「配信で有名になるぞ!稼ぐぞ!」という方はまずは毎日配信してみるのはいかがでしょうか。

とは言っても私はAge of Empires Ⅱ配信ぐらいしかしていないので、リーグオブレジェンドについてどうこう言える立場ではないですけどね。

ブログランキング

BlogRanking参加してます!
投票してくれると私が小躍りして喜びます。是非。

League of Legends ブログランキングへ

ツイッターフォローボタン

更新情報はツイッターでもお届けしています。
Twitterご利用の方は是非フォローお願いします!