LoL コラム LoL チャンピオン

ADC別サポートチャンピオン相性考察 前編

2016/12/29

12-28-01

味方ヴェインピックに対してブリッツで好戦的に行こうとすると嫌な顔をされることがある(プレイヤー次第でしょうけど)など、相手との相性並に味方ADCとの相性があるのがボットレーンです。

今回は味方のADC別に相性の良いサポートを考察してみたいと思います。

【12/29 追記】ドレイヴンを追加。

スポンサーリンク

パワースパイク:はやめ

ルシアン

最近はかなり勝率が落ちているが、やはり序盤の火力はナカナカのもの。

ルシアンを使うプレイヤーは結構な割合で序盤からガシガシいくので、それに合わせられるタイプのサポートが良いだろう。

…と言ったが、よっぽど変なサポートでもない限りは合わせられるので、どのようなチャンピオンでも良いと思う。ブリンクも持っているのでピール性能に長けたチャンピオンが必要、というほどでもないだろう。

勝率の低さについては一応PBEで上方修正が入っているので、2017年1発めのパッチに期待したいところ。

【12/12PBE情報】低下がとまらないルブランのミニオン処理力
12/9にプッシュ力の低下が入っていたルブランですが、更に追い打ちのようにミニオンへのダメージが減らされています。ルブランの明日はどっちだ! ※当記事の引用分...

 

ケイトリン

序盤とレイトゲームが強く、中盤にやや中だるみする時間帯のあるチャンピオン。

最大バーストダメージはヨードルトラップを起点にするので、スタンスネア等強力なCCを持つサポートが良いだろう。私イチオシのザイラでも良いが、低レベル時スネアの拘束時間が短いのでやや合わせにくいか。

ケイトは射程は長い一方でさほど逃げ性能がよくないためピール性能が高いサポートのほうが良いと思う。装備完成までの中だるみ時間に腐ってしまうとやや辛い。

 

ジンクス

ロケットランチャーの射程の長さから相手の体力をコツコツと削れる上、キルかアシストを取ってからの追撃力はADC随一。

その追撃力からボットレーンでダブルキルを狙いやすいということを考慮すると、オールインからキルを狙えるレオナ、ブリッツ等は相性が良さそう。キル/アシストが入らない状況での逃げ性能はよくないのでピール力という観点からも悪くないと思う。

一応ある程度削ってさえしまえば射程無限大のウルトからキルを狙えるため、メイジ系サポートも悪くはない。ただしモルガナ以外のメイジ型サポートはピール性能はイマイチである点だけは注意。

 

フォーチュン

今年はサポート運用で注目を浴びたフォーチュンだが、ラブタップによりCSが取りやすい等、初心者から扱いやすいADCだと思う。ウルトさえ決まればダメージ力も悪くない。

序盤のレーニングではQの跳弾をダメージ軸とするため、サポート側でも跳弾を上手く当てられる位置に相手を誘導したいところ。

サポートがハラス等のために前進すると相手が反撃をしようとすることが多い。その瞬間相手レーナーがミニオンに近寄るため跳弾を狙いやすくなる。勿論相手も跳弾が当たらないような位置取りをするが、それならそれでサポートがハラスし続けても良いと思う。

ということでレーニングに関してはハラスが強いザイラ、歩きでプレッシャーを与えられるブリッツ等アグレッシブにいけるチャンピオンと相性がいいと思う。

フォーチュン側はウルトを覚えるまでオールインダメージがそこまでないため、オールイン対決になる前に跳弾を当てやすい環境を作るかサポート側で削りたいところ。

中盤以降を考慮するならフォーチュンがしっかりウルトを使い切れる環境を作れるチャンピオンを。とは言っても、今のサモナーズリフトにはルブランや高機動力ジャングラーが蔓延っているため結構難しい話ではある。ここはもうマップをコントロールするしかないか。

 

ジン

オートアタック4発ごとにリロードが必要だったり、クリティカルで移動速度が上がったりと何かと特殊なチャンピオン。4発目のオートアタックダメージが非常に重い。

ジンのWは何か事前に味方チームからダメージを与えていた場合に入るスネア。射程が非常に長く、発生こそワンテンポ遅れがあるもののミニオンを貫通するため、小刻みに手を出せるサポートが良いだろう。つまり私が言いたいのはザイラ。隙あらばザイラ推し

ウルトの存在も相まって相手の体力を低くさえできればいくらでもキルを狙えるため、レーニングにおけるザイラとの相性は本当に良いと思う。

ジン自体の逃げ性能はたかが知れているためピール力があるに越したことはないが、集団戦は初手ウルトから入ることも多くピールするまでもない集団戦もあるため、そこまでピール力に固執する必要もないかなーといったところ。

余談だが、ゼラスサポートも面白くはある。(強いとは言っていない)

ゼラスがスキルでコツコツ削ってジンゼラスの超射程ウルトシナジーはなかなか楽しいので、暇な時にでもやってみて欲しい。くれぐれもランクで試すことのないように。

 

ドレイヴン

リーグオブドレイヴン。斧を拾うと高い火力を維持できるIKEMEN。

パッシブによりキルを取ると追加ゴールドが入るため、なるべくレーンでキルを狙いたい+ドレイヴンにキル渡したいところ。削りという観点ならメイジ型サポートを推すところだが、メイジ型サポートはキルを取りやすいのが玉に瑕。

ということでレオナを挙げておこう。レオナ自身の拘束力に加えドレイヴンのダメージ力、移動速度向上とEのノックバックによりかなり強引にキルを狙える。レオナのパッシブの追加ダメージでキルをとってもADC側のキルとなる点も考慮。

移動速度向上とノックバックこそあれ、斧を拾わないと火力が落ちるのでピール力があるというのもレオナ選考の一因である。

 

あとがき

とりあえず序盤結構強いタイプのADCから。

書き始めてから気付いたんですけど、序盤強いADCって別にサポートが何選んでもそこまで問題なくやれますよね。ここまで書いた1時間とは一体…!

問題は次に書く予定のヴェインとかコグ=マウとかその辺ですよ。大抵ひやひやしながらサポートしてる気がします。

あとヴァルスどうしましょう。最近勝率を上げてますけど長らくサポートしてないためわかんないです…!誰か教えて

ブログランキング

BlogRanking参加してます!
投票してくれると私が小躍りして喜びます。是非。

League of Legends ブログランキングへ

ツイッターフォローボタン

更新情報はツイッターでもお届けしています。
Twitterご利用の方は是非フォローお願いします!