LoL チャンピオン LoL 初心者向け

ザイラを使うなら知っておきたい種の3つの使い方

1-2

皆様、ザイラサポート使っていますでしょうか。

最近はリデンプションが強い影響でシールド/ヒール持ちのサポートにやや場所を取られているザイラですが、ザイラを一般的なメイジサポートにと呼ぶには「種」が強すぎます。

そこで今回はザイラの「種」の活用法について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

種の3つの使い方

ダメージ源

これはもう説明するまでもないでしょう。

ザイラの各スキルは魔力係数、基礎ダメージともにかなり低く設定されており、普通に使うにはそこまで強いチャンピオンと呼べません。

ですが、「種」があることにより、ダメージ力はサポートメイジの中ではトップクラスです。

おさらい程度にスキルを打つルートを確認しておきましょう。どのルートでもQをしっかり当てるのが大事になってきます。比較的当てやすいスキルですが、射程がそこまで長いわけではないので気をつけましょう。

Q⇒W

Qがヒットしそうな場合は種を範囲内に1個置くことでダメージを大幅に増加することが可能。基本ルート。

対象がタワー下、若しくは相手がジン等の植物を一瞬で消せるチャンピオンでない限りは「雷帝の号令」の追加ダメージが入る。

種は別にWで置かなくても自然発生したものに重ねても良い。

後述の視界取りにも使うザイラ最頻出のルート。

Q⇒W⇒W

上の項と同じだがダメージが結構増える。

植物は相手タワーの攻撃1発につき1個しか消えないため、Qさえ当たっていれば「雷帝の号令」は確定。

Eのスネアを外すと相手が近寄ってくる場合があるのでフォローするように叩き込んでやろう。

なお、種スタックを2つ使うためその後のピール力、ダメージ力が大幅低下する。種スタックが無い時のザイラは本当に弱いので、何かリターンがない場合は無難に立ち回っておこう。

E⇒Q⇒W⇒W

ウルトを入れないルートでは最高ダメージ。植物はEで育てるかQで育てるかで種類が変わるが、このルートではQで育てるため射程が長い。

Eのレベルが低い内は先端で当てた場合にQが間に合わないこともある。距離を見てE⇒W⇒W⇒Qとどちらにするか考えよう。

Qの植物は弾を発射するタイプなので、キルの取りこぼしが少ないのも特徴的。

E⇒W⇒W⇒Q

拘束力重視のルート。Eで育てた植物は攻撃により相手にスロウを与えることが出来るため、スネアが解けた後も身動きしづらい状況が続く。

ダメージそのものはどちらの植物も変わらないが、Eの植物の射程は400とQの植物と比べ短いため用途に合わせて使い分けたい。

E⇒R⇒Q⇒W⇒W

ウルトを含めた最大ダメージルート。Eのスネアを当てるか、味方がCCをいれた場合に叩き込もう。

ウルト範囲内の植物は攻撃速度がかなり上がるため、基本的に相手が応戦してきた場合は相打ち以上に持っていける可能性が高い。イグナイトがあれば柔らかいチャンピオンなら体力を10割近く持っていく。相手は少し体力が削れているだけで即死圏内。

ウルトのCDは結構短いのでウルト習得後はEが当たったらとりあえず打っても問題ないかもしれない。ただしミニオンを一気に処理する関係でプッシュになりがちな点には注意。(あとCSを取ることに異常に過敏なADCにも注意)

 

視界取り

ご存知かもしれませんがザイラは逃走性能が低く、捕まるとそのまま倒されてしまうことが多いです。その関係上、サポートとして運用する場合ワーディングにかなりの危険が伴います。

ですが種を成長させ植物にするとサイトワード以上の視界を取るため、危険地帯から比較的離れた場所より短時間視界を取ることが可能です。

棘吹草視界

ワードを置ける射程より遠くから視界を取ることが可能なので、安全かどうか気になる場合は使ってみましょう。

 

また、自然発生の種でも種発生直後に周囲の視界を少しだけとるため、ブッシュに自然発生した場合に相手チャンピオンを見つけることもあります。こちらは運次第なので期待しすぎないように。

 

Lv1 リーシュ&ドラゴンのターゲット受け

最近のジャングラーは結構な割合でボットレーン開始をするようですが、ザイラのリーシュはサポートの中で間違いなく1位の性能を誇ります。

赤バフ/青バフピット付近に1:00より待機していれば種が3、多いときには5個程度発生します。これをレベル1で取るQで成長させてリーシュに利用しましょう。

気をつけるのはADCがジンの場合。種が多く発生している時にジンのオートアタック4発目を打つとスマイト無しでもバフを奪う可能性があります。ジンが相方の場合は成長させる種の数を減らす等して調整しましょう。

1129-4ひそかにザイラがBuffされたのを知ってましたか?
サモナーズリフト限定ですがひそかにですが実は強くなってるんですよ。 ザイラ変更点それでは強化内容を見ていきましょう。強化されたのはパッチ6.22です。スマイ...

 

また、ドラゴンのターゲット受けとしても植物は大活躍します。

こちらの場合ダラダラとドラゴンピット付近で待つわけにいかないためWを使うことになりますが、Wのスキルレベル1の状態から植物はドラゴンの攻撃を2発まで受けることができます。

Wをドラゴンにめり込ませるようにおき(近接ジャングラーの場合はできるだけ逆側に)、Q又はEで成長させることによりジャングラーからターゲットを奪うことが出来るため、ジャングラーが低体力、もしくはドラゴン討伐後に戦闘が起こりそうな場合はやってみましょう。

気をつける点は植物を2個同時に発生させないこと。ダメージ目的だけなら問題ないですが、近くに2個の植物を発生させるとドラゴンの攻撃でまとめて削られてしまいます。Q⇒Wで1個目を成長させ、倒されるときにE⇒Wで2個めを成長させるとちょうどいいです。

 

あとがき

新年一発目の攻略記事はやっぱりザイラです。隙あらばザイラです。

最近はノクターンジャングルばかりやっているのでノクターンについても書きたいんですが、まだまだ経験と技術不足です。自信がついたら書きたいと思います。

今年もよろしくお願い致します。

ブログランキング

BlogRanking参加してます!
投票してくれると私が小躍りして喜びます。是非。

League of Legends ブログランキングへ

ツイッターフォローボタン

更新情報はツイッターでもお届けしています。
Twitterご利用の方は是非フォローお願いします!