LoL チャンピオン

初心者ADCに"ケイトリン"を勧める4つの理由

2016/09/01

823cait

一口にADCといっても色々なチャンピオンがいるわけですが、まず最初にやるADCとしては"ケイトリン"をオススメしたいです。

スポンサーリンク

何故"ケイトリン"なのか?

使いやすいシンプルなスキルセット

貫通する方向指定のピースメーカー(Q)、相手の進路を制限するヨードルトラップ(W)、逃走と攻めを併せ持つのL-90カリバーネット(E)ととてもわかりやすいスキルセットとなっています。

スキルファイター寄りのエズリアルやルシアン、ステータスが特殊なアッシュやジンを使うより先にオートアタック主体のスタンダード且つ使いやすいスキルセットのケイトリンは初心者の方がとっつきやすいと思います。

射程が650と非常に長い

オートアタックの射程が650を超えるチャンピオンはウルト中のツイッチ、Qのスキルレベル3以上のジンクス、Wのスキルレベル3以上のコグ=マウ、レベル15以上のトリスターナです。

いずれもある程度レベルを上げる必要がありますが、ケイトリンはなんとレベル1から射程650です。射程負けによって一方的にオートアタックを打たれにくいですし、後方遠い位置からラストヒットを取ることも可能です。

逆に、オートアタックで相手チャンピオンへ容易にハラスすることができます。ADCが相手プレイヤーにオートアタックするのは初心者の方にまず覚えてもらいたい要素です。

無理にCSを捨ててまでする必要はありませんが、ミニオンしか撃たないADCは相手サポートからしても、ADCからしても怖くないです。逆に怖がられないということは相手から仕掛けやすいということですから、相手は容易にエンゲージしてきます。すると、だんだんとヘルス不利になり、CSが更に取れなくなるでしょう。そうなったらボットレーン崩壊までは秒読みですね。

 

長い射程と相性の良いヨードルトラップ

踏むとスネアと踏んだ対象に対して高射程、高ダメージのヘッドショットを撃てるようになるこのスキル。ヘッドショットはかなり大きなダメージがでますので相手も容易に踏むことはできませんし、踏めないことにより相手の行動をかなり制限することが出来ます。

罠を踏んだ対象の視界をとりますので、茂みの入り口等に1個置いておくとGANKの襲来を察知できるのもいいですね。

 

序盤◎中盤△終盤◎のパワースパイク

序盤大きく負け、遅れたファームを取り戻してる間にゲームが終わってしまうのは面白くないものです。序盤が強いというのはソロキューにおいては極めて大事な要素ではないでしょうか。

特に現在の仕様ではタワーのファーストブラッドによる獲得ゴールドがすごく大きいので序盤タワー破壊に繋げやすいボットレーンで勝てると大きいです。2人がローム出来るようになりますしね。

中盤はオートアタック主体のチャンピオンゆえやや脅威度が下がるのですが、序盤戦を制し相手ADCを腐らせることが出来ればその欠点も気になりませんし、装備が揃いきると再び強くなりますので序盤にパワースパイクをもつチャンピオンにありがちの後半失速もありませんので安心ですね。

あとがき

最近はアッシュやジンに押され気味ですが、ケイトリンもかなり強いチャンピオンだと思います。

やっぱり射程って正義なんですよね。対象指定、射程650のスキルが0.5秒~2秒に1度程度撃てるのと同じようなものですから。集団戦でもその射程により1歩後ろに陣取れて、1歩先の相手を取り逃がさないように感じます。

あ、私のケイトリンはハラスしすぎてCS落とすタイプなんであまり参考にはなりませんけどね!

804draven対面に来ると怖いADCランキング(サポート視点)
ハラスにいこうにも相手ADCが怖くて近寄れない…。そんなことないですか?サポートをやっていて対面にくると嫌だなぁと思うADCを独断と偏見でランキングにしてみました。...

 

ブログランキング

BlogRanking参加してます!
投票してくれると私が小躍りして喜びます。是非。

League of Legends ブログランキングへ

ツイッターフォローボタン

更新情報はツイッターでもお届けしています。
Twitterご利用の方は是非フォローお願いします!