LoL 日記

【ランク日記】ノクターンで成り上がる2

2016/12/29

12-27-01

勝つ時は大勝。負ける時は大敗なんですよね。今日は負け日でした。

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなしとはよく言ったもので、結局弱いから負けるんですよねー。原因を探っていきます。

12-25-01【ランク日記】ノクターンで成り上がる
(サポート以外をやっていたら)ゲームのレートを落としてしまったのですが!(現在シルバー4)と、バスの営業所でカードを探すことになりそうなネタはいいとして、レートが...

 

スポンサーリンク

日記

2e6b4100da9f1928fa6e3a639f3a85ef

今日の問題点箇条書き

・発作パラノイア(R)多め。

・ワチャワチャしだす味方に寄りすぎてレベリングに遅延。

シヴァーナ強すぎでは。対シヴァーナ時0勝5敗。

反省

結局リーグオブレジェンドというゲームはレベルを上げて物理で殴るのが一番単純な勝ち方だと思う。テクニカルなプレイで勝つのも一興ではあるが、基本があってこその応用である。

まずジャングラーが何をすべきかというのを考えたときに、相手ジャングラーより活躍できる環境を作ることがベストだというのが現在の結論。

ガンクされ続け死に続けるレーンが発生するのもとどのつまりジャングラーが相手ジャングラーの位置を把握できてないのが根底にある。(何も考えずにプッシュして死ぬプレイヤーは知らん。)

相手のジャングラーの場所を把握するには、敵のジャングルに入っていくorスクライヤーブルームで相手ジャングルを見るのが一番手っ取り早い。

 

ここで問題になってくるのが相手ジャングラー。ノクターンは奇襲は強いが、正面衝突はさほど強くないと思う。

特に怖いのは箇条書きにもしたシヴァーナ。最近のシヴァーナはイグゾーストを持っているパターンも多く、殴り合わないといけないようになると負ける上に足が早い。そしてなんといっても集団戦での存在感が違いすぎる。

自分で1試合だけ回ってみた感じではシヴァーナは一周目の体力だけはややきついので、一周目に叩きたいところ。正直最序盤に叩けないと集団戦になる度に負ける。もう常時BANでいいんじゃないかな。

何にせよ、後半になるにつれて存在感が薄れるノクターンを使うなら序盤に大きな差をつけて逃げ切るスタイルでやる他ないだろう。目標は20分GG。

 

発作ウルトは…。まぁ、落ち着いてやるしかないとしてだ。

問題はレベル遅延のほう。寄ってもしょうがない距離でもつい手をだそうとしてしまう。

自分と距離があり、寄る意思を見せていないのに開戦し死亡する味方を無視できるかは重要か。リターンの無い寄りはジャングラーにマイナスしか残さない。この辺は「味方をヘルプするため」というよりは「寄ったほうがゴールド/経験値が稼げそう」と意識していくしかないか。

カウンターガンクに間に合わない時はしっかりカウンタージャングルや逆サイドへのガンク等のアクションをしっかり起こしておかないと。相手のガンク失敗にリスクを負わせないと好きなだけガンクさせてしまうことになる。刺さりまくるヤツは知らん。(2回目)

 

あとがき

「高性能メモ帳、それがWordpress。」といったらWordpressユーザーに怒られそうですが、まぁそんなこという人がこんな辺境の地まで来ることはないでしょう。多分。

負け戦を見直すと、レーンがやたらフィードしまくるパターンはしょうがないとして、ジャングラー同士でファーム差をつけられて負けるパターンが多いんですよね。対シヴァーナなんかは顕著で、一番ひどいゲームだとレベル差5、CS差100以上ありました。(そんな試合に限ってLOLは人生のみっトン氏と同じチームになっていたりして。冷や汗滝汗でした。)

で、そんな試合で私が何をしてるかというとガンクが刺さらなそうなレーン付近で待ってるんですよね。そして逆側のジャングルを食い荒らされレベル差がつき、ドラゴン/バロン戦に持ち込まれ負ける、と。典型的な弱いジャングラーの負け方って感じでした。

とりあえずは相手のジャングラーの位置把握に心がけてプレイすることにしたいと思います。レートは現在シルバー4安定レベルまで落ちてますが、結局上手いプレイ、立ち回りができていないから負けるんです。現実は甘んじて受け入れ浮上出来るよう頑張るしかないですね。

12-29-01【ランク日記】ノクターンで成り上がる3
毎日書くとは言っていない日記シリーズ。負けてばっかりですが、楽しいのは楽しいので続けられるノクターン君です。ただ、やるからには勝ちたいですよね…。 考察本...

 

ブログランキング

BlogRanking参加してます!
投票してくれると私が小躍りして喜びます。是非。

League of Legends ブログランキングへ

ツイッターフォローボタン

更新情報はツイッターでもお届けしています。
Twitterご利用の方は是非フォローお願いします!