リーグオブレジェンド

試合中に暴言を吐く価値はあるの?

2016/09/01

727Column

パッチ6.15に前後してプレイヤーの即時評価システムが本格稼働されました。

個人が集まるチーム戦においては暴言は切っても切り離せない関係にあります。

そこで今回は色々な方向から暴言がゲームに及ぼす影響について考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

プラスの面

当人が気持ちよくなれる(?)&自身を正当化できる

いきなり個人差のありそうな項目です。

暴言を吐くということはつまり「自身は適切なプレイが出来ている」「暴言の対象より自分のほうが上手い」と思っているのでしょう。

「俺は完璧にゲームを行えているんだけど、チームのせいで負けた」と言っておけば自分への慰めになりますからね。

味方が暴言により発奮してくれる可能性がある

「あの野郎!ムカつくから見返してやる!」と味方が思ってくれる可能性があります。

可能性があります。大事なことなので3回言いました。当然ですが、超低確率です。ソシャゲーでSSRが出るくらいの可能性でしょうか。

マイナスの面

チームの士気低下

「こいつとゲームをしたくないからもう真剣にやらなくていいや」と味方に思われる可能性があります。こちらは先程のように低確率ではありません。99%ぐらいチームの誰かの士気を削ぎます。

2度3度のデスは歯車が咬み合わなくて発生する可能性があります。当然不利な状況ではありますが、頑張り次第で取り戻せるものも暴言による士気低下で取り戻せなくなるでしょう。

雰囲気が悪くなると特に言うつもりがなかったプレイヤーからも暴言が飛び出ることがあります。暴言スパイラルです。

単純に操作量の無駄

チャットをしながら完璧なプレイングが出来るでしょうか?

暴言を吐く間はきっと足を止めてチャットを打ち込むことに力をいれているのでしょう。

暴言を吐いている間にミニマップでも見て一瞬でも映ったプレイヤーの報告をしておく、又はあなたがきちんと寄っておけば違う展開もありえたかもしれません。

信用の低下

そもそも、暴言を吐くプレイヤーは完璧なプレイングができているでしょうか?

大抵の場合、そうでもないです。もし、ただひたすらに相手をなぎ倒し、一人で集団戦を破壊し、タワーを破壊し続けることが出来るプレイヤーだとして、あまりに不甲斐ない味方へ暴言を吐いてしまったなら味方も「頑張らなきゃ」と思うかもしれません。(当然言わないでゲームメイクし続けたほうがいい結果が出るでしょうけど)

そうでないなら、「何いってんだこのバカw」と思われるだけです。暴言を吐いてしまった後に的確な指示により勝利を狙っても、味方がついてこなくなるでしょう。

ただでさえ不利な状況なのに、暴言を吐くプレイヤーにとってはより勝ち目のない、無駄な時間になります。

暴言により通報される

士気を下げ、勝ちを逃がし、更に程度によってはチャット、ゲームまでできなくなります。

今回のアップデートで公式より通報をきちんとしてくれとの発令がありました。

今までよりゲームをやりにくくなる環境ができるのではないでしょうか。

まとめ

思いついたことをいくつか上げてみましたが、少なくともゲームの勝率は下がりそうなものしか出てきませんでした。

経験上、暴言を吐くプレイヤーってそこまでゲームをキャリーできてないんですよね。例えば

・「味方がついてこなかったから負けた」⇒ソロキューで何を味方に期待してるの?動かしたかったらその方針を味方に伝えた?

・「○○のせいでまけた」⇒わからんでもない。わからんでもないけど勝ちたかったら弱いプレイヤーをフォローしないと勝てないぞ。精神面でもプレイ面でもだ。

「ゲームをキャリーする」とは別にただ単純にスコアがいいだけのことじゃないんですよね。スコアを含めて、味方を上手く扱い、ゲームを勝利に導くまでがキャリーです。そこまで出来なきゃただスコアがいいだけのプレイヤーで終わってしまいます。

ここまで記述しておいて、私も暴言を吐かない紳士的なプレイが出来てるかといわれると、そこまで出来ていません。暴言というより皮肉めいたことを言うことがあります。こう考えると確かにそういう発言をしてしまった試合というのはもともと不利な展開だったにしろ、逆転勝ちをする確率というのは低いように思います。

このリーグオブレジェンドというゲームは5対5で行うゲームですので、自分のプレイが上手く行かなくても味方が上手く運べるように、無駄に士気を下げないように、雰囲気を悪くしない発言をしていくのがレートを上げる一つのコツなんでしょうね。

ブログランキング

BlogRanking参加してます!
投票してくれると私が小躍りして喜びます。是非。

League of Legends ブログランキングへ

ツイッターフォローボタン

更新情報はツイッターでもお届けしています。
Twitterご利用の方は是非フォローお願いします!