リーグオブレジェンド

第一回 ザイラサポートでゲームに勝とう!

2016/09/01

729supzyra

ふと、記事を書くにあたって考えました。

あ、自分は最近、ザイラ以外のサポートを使ってないなと。

やっぱり信ぴょう性はリアルな使用感から生まれるんじゃないでしょうか。ということで、私がサポートザイラを使う時に考えていること、やっていることなどを記述していこうと思います。

スポンサーリンク

第一回 ザイラサポートの基本的な考え方、ポジション

第一回なので、ゲーム内におけるザイラサポートのポジションから書いていきたいと思います。

ザイラサポートはDPSメイジとしての役割が強い!

サポートはサポートらしくしろよなんて言われそうですが、そもそも味方のADCが自力でカイトできてますでしょうか。ミッドレーナーがきっちりロームからGANKを決められていますでしょうか。

私、思うんです。サポートがサポートという役割に固執する必要はないんじゃないかと。

勿論、ワードは置きますし、レーンにおいてはCSはなるべく取らず相手ADCとサポートへプレッシャーを与えるということはします。

が、ザイラというチャンピオン、サポートらしく振る舞うのにはあまり向かないと思います。

対象指定でなく拘束時間がさほど長くない捕縛の根(E)、範囲打ち上げですが打ち上げのタイミングが遅い茨のゆりかご(R)と、ゼドのようなアサシンやシン=ジャオのような突撃してくるファイターからADCを守るのには不向きです。

02126d71f793a0e3c3f25b469130cc46

一方でこのようにADCをも凌駕するダメージをだすことができます。この試合火力でトップでしたが、基本的にチーム2位から3位ということが多いですね。

ということで私はザイラサポートをする時、スキルを温存して相手の飛び込みからADCを守るのではなく、状況に応じてスキルを全部使い、そもそも相手を近寄れないようにしておく立ち回りを採用しています。

ADCが守れないせいで負けるだろう、と思われる方も当然いると思います。ですが、そもそも向いてないことをするのは敗退行為だと私は考えています。

ADCがタンクビルドにすることはないですし(アーゴットは?)、魔力(AP)スケールのメイジがADを積むことは稀でしょう。(フィズやエコーは積むこともあるみたいですが)

ザイラをサポートチャンピオンとして採用する以上、すべきことはダメージを出すこと。ピールは他の味方にまかせてしまうのも手です。勿論、できるときはやりますが。


 

DPSメイジの役割をした上でサポート業、マップコントロールは行う

「ダメージは出す」「マップコントロールを行う」

「両方」やらなくちゃあならないってのが「サポートザイラ」のつらいとこだな。

覚悟はいいか?オレはできてる。

はい、言いたかっただけです。ごめんなさい。

サポートとして採用する以上はワーディング、デワーディングによるマップコントロールは必須項目です。

そもそもDPSメイジをサポートとして採用する理由の一つとして、「ワーディングを自らの手で行える」という利点があります。

リーグオブレジェンドにおいて、マップコントロールは勝敗に大きく結びつく行為です。サポートがゲームをキャリーできる理由の一つです。

サポートはゲームをキャリーできないと思っていませんか?
皆さん、低レートゲームでサポートロールをやっても勝てないと思ってませんか?こういう話を良く聞くんです。「レート上げるのにサポートは向いてない」「勝ちたいなら...

 

これは私がサポートでプレイする理由の一つで、他人にマップコントロールを任せたくないんです。必要なタイミングで必要な場所にワードが欲しくてもサポート以外だとトリンケットのクールダウン次第で置けないということがあり得ますからね。

サイトストーン派生のアイテムの購入、ビジョンワードの購入によりサポートのビルドは完成が遅れます。ですが、それをもってありあまる利点があります。

その分、責任もあるということですけどね。


 

ザイラの「視界を取る能力」は極めて高い!

以前にも紹介しましたが、ザイラの棘吹草と棘鞭草には視界を取る能力があります。それも結構な範囲をカバーします。

棘吹草視界

↑棘吹草はこれくらい↑

パッシブの種は任意の場所に設置することができませんが、狂い咲き(W)を使えば任意の場所に設置することも可能です。

各種植物の持続時間は数秒と短い(レベルにより延長)ですが、リコールの際やワード不足の時の一時的な視界確保用として重宝します。

戦闘が続きそうな場面で狂い咲きのスタックを使ってしまうのは多少リスキーですが、視界不足で脇をつかれ全滅するよりはよほどいいでしょう。

あとがき

この記事をもってしても「サポートはADCを守れ」「もっとサポートらしい働きをしろ」という方もいるでしょう。

しかし、下位のランク戦とはいえこのプレイングで10連勝することが出来ました。それぐらいのポテンシャルはあるキャラ、立ち回りです。

ザイラランク

1キャラ違うのがまじってますし、一番下のザイラが入りませんでした…。

「サポートらしくしないといけない」からサポートをしたくない方にはオススメです。立ち回りは結構難しいんですけどね。(脆すぎるのですぐ死んじゃう。)

次回は、ビルド考察をしていきたいと思います。

次回できました。

第二回 ザイラサポートでゲームに勝とう!
第一回ザイラサポートで勝とう!の続きとなります。 今回はアイテムビルドに関してです。初期アイテム私はスペルシーフエッジと体力ポーション3個、ワードトーテム...

 

私が最も愛するサポートチャンピオン ザイラの4つの魅力
サポートでありながら試合をキャリーすることも可能。ボットレーンでのレーニングでは条件付きではありますが最高峰のバーストダメージを持つザイラ。このチャンピオン...

 

ブログランキング

BlogRanking参加してます!
投票してくれると私が小躍りして喜びます。是非。

League of Legends ブログランキングへ

ツイッターフォローボタン

更新情報はツイッターでもお届けしています。
Twitterご利用の方は是非フォローお願いします!